随想手帖

時に真面目に、時にゆるく綴っております。ちなみにオタク(腐)です。

「破局」(ダフネ・デュ・モーリア)異色作家短篇集⑩

シャーリィ・ジャクスンに続いて、このシリーズ二人目の女性作家さんです。ジャクスンはアメリカですがモーリアはイギリス生まれ。

彼女の作品はヒッチコックによって映画化されており、『レベッカ』と『鳥』などがあります。(『レベッカ』の方は見ましたが『鳥』は未見です)

ジャクスンと同じく女性ならではの怖さが存分に発揮されています。

 

続きを読む

「無限がいっぱい」(ロバート・シェクリィ)異色作家短篇集⑨

タイトルどおり縦横無尽の物語が詰まった一冊です。

作者はブロックに引き続き、アメリカ生まれのロバート・シェクリィ

日常から宇宙まで幅広いテーマで溢れているため、ぶっ続けで一気に読むと頭がくらくらしてきます(@_@)

 

続きを読む

アニメ「宝島」は801の視点でも完成度が高いと思う。

アニメ「宝島」はジョン・シルバーを男の憧れる理想の男として描いたことにより、原作以上に忘れがたい魅力を持ったキャラクターになりました。

そのシルバーに憧れる存在としての位置づけが主人公のジム少年です。

 

※以下、がっつり腐ネタですので苦手な方はご遠慮くださいね。

 

続きを読む

『マダムと泥棒』のどうでもいい萌えポイント+α (がっつり腐ネタ)

マダムと泥棒』が大好きなんですけれど、この古き良きブリティッシュコメディ映画を萌え視点で見た人は世界広しと言えどいないはず。

 

特に腐の目線では。

 

世界中探しても私ぐらいかもしれません(-_-;) 

 

以下、ディープな腐ネタありますので苦手な方は引き返してください。

 

続きを読む