さめないゆめ・・・

HSP・内向型人間が綴るブログ。日々の雑感、自分が自分であること、人生について、本や映画の感想(イギリス、ヨーロッパ多め)などについて書いています。

映画

映画感想 「第三の男」(1949年 イギリス制作)

何年か前に冒頭の部分だけちらっと見たのですが、夜遅かったのでそのまま寝てしまい最後まで見れず・・・ ようやくこの間見ることが出来ました。うちの父のおすすめでもあります。 ※ ネタバレありますのでご注意下さい。

映画感想 「禁じられた遊び」(1952年 フランス制作)

あの有名なフランス映画です。いつか見ようと思って、この間ようやく見ることが出来ました!映画だけでなく、使われた曲も有名だそうですね。

映画感想 「ドクトル・ジバゴ」(1965年 アメリカ・イタリア制作)

「アラビアのロレンス」で有名なデヴィッド・リーン監督の作品です。 「アラビアの~」で、アラブの族長・アリを演じたオマー・シャリフ氏が主人公ユーリ・ジバゴを演じています。

映画感想 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」(2004年 アメリカ制作)

今まで見るのを渋っていましたが、昨日ついに見ました。ピーセラさんのファンでありながら、彼の伝記映画を見るのを躊躇っていたのは、「彼の良くないところが強調して描かれている」・・・という評判だったからです。 例えば、マザコンだとか女好きだとかワ…

映画感想 「ブルース・ブラザーズ」(1980年 アメリカ)

昨日は金曜ということで、長めの映画を一本見ました。それが「ブルース・ブラザーズ」です。(以下BB) BBを知ったのは、ハッチポッチステーションの洋楽パロディコーナーでやっていた「フルーツ・ブラザーズ」なんですね。ハッチポッチ自体は小さい頃にリア…

続・映画感想 「わが教え子ヒトラー」(2007年 ドイツ)

前回の記事の続きです。

映画感想 「わが教え子ヒトラー」(2007年 ドイツ制作)

久々の更新の映画感想です。 ユダヤ人監督によるナチスやヒトラーを扱ったブラックコメディ映画です。

ダンボが輝くことが出来たのは「彼」のおかげ

耳の大きな子ゾウのダンボを主人公にした、ディズニーのアニメ映画です。これがアメリカで公開されたのが1941年・・・そう。日本はまだ戦時中なのです。 昔のディズニーのアニメを見ていると、日本がアメリカに勝てなかった理由もなかなか分かる気がしますね…

映画感想 「雨に唄えば」(1952年 アメリカ)

有名なミュージカル作品です。

映画感想 続・「マダムと泥棒」(1955年 イギリス制作)

日にちが空きましたが、映画「マダムと泥棒」の感想の続きです。ネタバレありますのでご注意下さい。

映画感想 「マダムと泥棒」(1955年 イギリス制作)

私の一番好きなイギリスのコメディ映画です。 ネタバレありますのでご注意下さい。