さめないゆめ・・・

HSP・内向型人間が綴るブログ。日々の雑感、自分が自分であること、人生について、本や映画の感想(イギリス、ヨーロッパ多め)などについて書いています。

前置きとイカボード先生の名前の由来

ブログのタイトルを変えました。大好きなアニメ赤毛のアンのエンディングから名前を取りました。「さめないゆめ」というのは短いながら、アンの世界観を鮮明に美しく映し出した曲です。美しいながらも、同時にどこか切なげな響きも秘めています。それはマシュー、マリラが老いて弱っていく姿、アンとマシューの永遠の別れ、アンの成長を喜ぶと同時に寂しく思うマリラの心境が反映されているためではないかと思います。時が過ぎていく喜びと悲しみをオーケストラの美しい音色で表した名曲だと思います。

 

そして本題。

 

イカボード先生とはディズニーアニメのキャラの名前です。

小さい頃ディズニーの短編アニメも結構見ていたのですが、イカボード先生については未見だったのか記憶にありません。見たのは大人になってからです。この先生、見た目は優男風ですが要領が良く、美人のカトリーナを虜にします。そんな先生をライバル視する元祖ガストン(美女と野獣)ともいえるブロムも登場。

 

さて、私が何より気になったのはその独特な名前。

 

イカ(海で泳いでいるあの生き物)ボード(板)・・・・・・???

 

はあ!???

 

先生には大変失礼ですが最初見た時はこんな印象でした(笑)

 

・・・で、この不思議な名前の元ネタらしきものを見つけました。

西洋文化勉強中のため聖書を少しずつ読んでいるのですが・・・その中になんと「イカボド」という名前が出てくるではありませんか!

ただし、この名前・・・「栄光は失われた」とかいう余りありがたくない意味なのだとか。聖書は名前やら地名やらごっちゃりしていて、理解しきれないまま読み進めているので、正確な由来は忘れましたが、このイカボドのお父さん(確かピネハスという名前だったような)が神様に対してよろしくないことをしたため、生まれてきた子供にこんな名前がつけられたのです。

 

というわけで、アブラハムの宗教圏では不吉な縁起の悪い名前ととらえていいでしょうね。事実、イカボード先生のお話は決してほのぼのしているわけでもないし、カトリーナを虜にした後もとんでもない災難に会いますし・・・・

 

聖書を読んでいると西洋文化の元ネタがわかってくるので面白いです。難しいけれど・・・