さめないゆめ・・・

HSP・内向型人間が綴るブログ。日々の雑感、自分が自分であること、人生について、本や映画の感想(イギリス、ヨーロッパ多め)などについて書いています。

食事は一人で取っても充分美味しい

今日はちょっと疲れ気味なので、明るめの記事を書きます。でも、ここ3日ぐらい自分と家族の関係について重々しく赤裸々に語っていますが、書いた後は不思議なことに必ず気持ちが清算されているのです。なので、ふと「自分を取り戻しつつあるけど、本当に大丈夫なのだろうか?」という不安が過ったりしますが、基本的に今生きていること、自分が自分であることが楽しくて仕方がないのです。

 

さて、今日は食事について。

 

今までは「一人で取る食事って味気ないな・・・」と思っていました。

 

でも、最近は一人で取る食事が楽しくて、そしてハッピーでたまらないんです。

 

なんていうのか・・・「知ろう、楽しもう」という気持ちが心の底から湧きがってくるのです。そして、シンプルながらバランスを考えて自分の手で作っています。料理自体が物凄く好き!というわけではないのですが、こういう作業も(皿洗い含めて)それなりに楽しいんだねっていう感じ。とにかく、一つ一つの事柄をゆっくり、丁寧に行うようになったのです。

 

すると今まで何気なく食べていた物が、とても美味しく新鮮に感じられる。ずっと前から食べているのに「これ、こんな味していたんだ!」と初めて気付くことが多くなりました。そして、ドカ食いがなくなりました。

 

前まではとにかく口や胃の中に突っ込んでいく・・・という作業でした。まるで、一種の自傷行為でもあり、憂さ晴らしとしての行為で、料理・後片付けを含んだ食事という行為を楽しむ・・・ということがなかったんです。勿論、食べることが基本好きなので美味しいと思ったことは数えきれないほどありますが、「自分が自分として感じている」というのは生まれて初めてのように思えます。

 

そして、甘い物も大好きなので、前は同じくドカ食いのオンパレードでした。でも、今は昼食後に紅茶と一緒に一つだけ、心の底から味わって食べています。そして、スーパーやコンビニで売られているお菓子を買わなくなりました。どうせ味わうのなら、地元のお菓子屋さんや出かけた時にしか買えない物が良い。そして、「ここのお店のケーキ、こんなに美味しかったんだ」って・・・一人何とも言えない感動を覚えるのです。ずっと何年も前から食べているのにね。

 

こうやってゆっくりと、食事を楽しむことによって、食品に対する畏敬の念が芽生え始めました。人間も生き物である以上、他の命をもらわないと生きていけない。「巡り巡って私のところまで来てくれたんですね。どうもありがとう、美味しく頂きます。美味しい・・・!とても幸せだな・・・満たされているな・・・」という建て前的なものではなくて、心の深い深い奥底からそう思えるんです。それも強制的に自分を思いこませようとしたのではなく、自然と湧き上がってきて止まらない。

 

もう一つ。私はずっとダイエットに励んでいました。

そして、がむしゃらに痩せることと健診の結果を良くすることだけを念頭に置いていました。でも、どんなに頑張っても思うように痩せなかった。それどころか太っていく・・・今ならその理由が痛いほど分かります。私が、私のことを愛せていなかった・・・その鬱々とした想いが身体にもはっきりと出ていたのです。

 

そして、悟りました。

 

自分を自分として認め、愛することが出来ると自然と痩せていくんですよね。

 

ダイエット!健康!ダイエット!健康!と闇雲に意識しなくったって・・・

 

いや。痩せていく・・・とういうよりは・・・

 

心が不健康であるが故に体内に溜まってしまっていた毒とお別れをし、

 

身も心も本当の自分に返っていく・・・と言った方がいいでしょう。

 

 

 

食事はその気さえあれば一人でも楽しめます。作家・森鴎外の娘、森茉莉さんもそんなタイプではないでしょうか。彼女の綴るエッセーでは、日常の何気ない物がとても品に溢れ、輝いています。彼女の数々の著作は、まるで宝石箱のように煌めいています(*^_^*)

 

そして、二人以上でもまた違った楽しさがある。そこに自分のことを健全に愛している自分がいてくれさえすればね・・・・・・