さめないゆめ・・・

HSP・内向型人間が綴るブログ。日々の雑感、自分が自分であること、人生について、本や映画の感想(イギリス、ヨーロッパ多め)などについて書いています。

きっかけを作ってくれたのは「友達」でした。

これまで家族との関係を綴ってきました。実は私は過去に母と同じ行動を他人に対してやってしまったことがあります。当時はそれの正体が何なのか気付きもしませんでしたが、こうやってブログを書いていくうちに理解したのです。

 

誰に対してやってしまったのかというと、友達です。

仮にAちゃんとします。Aちゃんとは小学校時代に成り行きで仲良くなり、高校入学したての頃まで仲は続きました。でも、本当は彼女は私にとって『友達』・・・ではなかったんですね、

 

今思えば、あの頃の私の行動ははっきり言って「依存」でした。とにかく自分の気に入らないことがあればすぐ不機嫌になり、機嫌がよければ甘え、勝手気ままに気分次第でAちゃんを振り回し・・・かといってAちゃんが離れていくのが凄く怖い・・・


この行動・・・誰かに似ていません?

そう、今まで書き綴ってきた「私の母」なんです。

おそらく、私はAちゃんに対して「親」を投影し、求めていたんだと思います。

全ての我侭を受け止めてくれる、許してくれる、甘えさせてくれる、傍にいてくれる・・・

 

当時は自分がどうしてこんなにも自分勝手で我侭なのか分かりませんでしたし、充分分かっている上で止められなかったのです。


勿論、友達は親ではありません。本来親に求めるべきものを友達に求め続ければ、その関係に終わりは見えています。事実、私は高校入学したばかりの頃、Aちゃんに愛想を尽かされました。急に素っ気なく、冷たくなったのです。自分の中でも「もしかして、そろそろ愛想を尽かされたかも・・・」と思い、PCのメールから彼女のメール(彼女は携帯電話を持っていたので)をしました。今まではこの遣り取りで優しいAちゃんは許してくれたのですが・・・

 

私「ごめんね、もし許してくれないのなら・・・もう友達やめていいです」

 

Aちゃん「私は長年○○(私)ちゃんのご機嫌取りだった。今まで尽くしてきたけれど、もう尽くしきった。もう何もしてあげられない。だからごめんね」

 

みたいな感じでした。

当時の私はこの上ないショックでした。・・・で落ちるところまで落ちた末、自分も変わらなければならないと思い無理に自分を作り上げたのです。それまでの私は、どちらかというと自分の思いは話せる、積極的に行動をする人間だったのですが、その事件の後は自分のことを極力話さない、自分から行動をしない、他人の顔色を伺う・・・と言った性格になりました。


この時のAちゃんは、私の中では無意識に「親」だったのです。その「親」から絶縁を言い渡されたものですから、私は「ありのままの自分ではダメなんだ、受け入れてもらえないんだ・・・」と自分に思い込ませてしまったのです。

でも、いくら表面上を「良い人」に塗り固めても本質に辿り着いていない以上、根本的な解決にはならず、結局ついこの間まで私の「生きづらさ」は続いたのです。

 

親はその事件について「○○(私)のところは家庭的にはまだ安定している方だし、Aちゃんとは合わなかったのかも」と言いました。(Aちゃんの家庭も色々あったみたいです) 最初は私もそうかもと思いました。


でもね・・・辿り着いた答えは違ったんですよ。

 

私は今までずっと悩み続け、やっとAちゃんとの失敗が「自分と母親」の関係にあることに気付いたのです。


・幼少期に満たされなかった幼児的願望の暴走

・思春期に父方、母方の両方で問題があり、その苦しみを封印したこと

・母に対して言いたい本音はたくさんあったのに言えずに抑えたこと

 

多分これらの複数の理由が、Aちゃんへの甘えとなり彼女を振り回したのだと・・・今なら断言出来ます。

そして、それ以降の友達のパターン。数は少ないながらも「友達」付き合いはありました。しかし、そこでも一見正反対に見えるけれど同じパターンが繰り返されていたのです。


私は極端に「他人に迷惑をかけてはいけない」、「良い子でいなきゃ」と思う余り、本当の自分を出さずに人と付き合いました。でも、本心では「依存したい相手」をどこまでも探し続けていたのです。そして、友達になった人達のパターンは決まっていました。

 

・一見優しくしてくれる、優しい言葉を使う。

・でも、こちらがメールを送っても返してくれない。

・話をする、遊ぶ約束をしても相手は平気でそれを破る。

・なのに都合の良い時だけ連絡をよこす。

 

私は相手に嫌われたくない一心で、とにかく「良い人」を装っていました。「良い人らしい気遣い」をして来たメールにはすぐ返す。相手の要求にはすぐに応じる。でも、相手はそんな私を尊重はしない。


「友達に裏切られる」度に私は「何がいけないんだろう?こんなに尽くしているのに・・・、こんなに良い人であろうと努力しているのに・・・」と相手を恨みました。


でも・・・本当は感覚では気付いていたんですよね。

何かの「歪んだパターン」が根っこにあることには。

そして、結局はAちゃんとの関係を繰り返していることにも。

 

それに気付いたのもこの間です。要するに自己肯定感が育っていないから、自分でも無意識に表面上だけ優しい相手を選んで安売りしていたんですね。そして、相手も何となくそんな私の異常さに気付いていたのかもしれません。

 

上のパターンの相手は同年代の人達でした。職場では上司に恵まれ、健全な自己愛を持たない私のことも尊重してくれる人も何人かいました。

 

「ああ、人として尊重してもらえるって・・・こんなに嬉しいことなんだ・・・」

 

そのことが、私が真の問題に気付き、向き合い、乗り越えるための希望の一つとなった気がします。

 

そのことを気付かせてくれるきっかけになったのはやはりAちゃんです。

ぎりぎりのところまで付き合ってくれたAちゃん、そして私が理由を尋ねると逃げずにきちんと説明してくれたAちゃん。彼女には感謝してもしきれません。


「ごめんなさい、そして・・・ありがとう」


これが彼女に対する思いの全てです。


実は彼女のおばあちゃんが同じ町に住んでいて、何年か前に住所を教えてもらって手紙を書いたんですね。上に記したようなことと、お礼と謝罪を・・・返事はありませんでした。その手紙をどうするかはAちゃんの自由なので、どうなったかは分かりません。でも、読んでくれて私の思いが少しでも伝わっていればいいな・・・というのが小さな願いです。